使ってみると良いです

オペレーター

電話対応が大変なら、電話代行サービスを利用すると便利なので、検討しておきましょう。もしも依頼するなら資料を取り寄せてみるのですが、その時に対応を見たり、無料の体験サービスを使ったりしておくのがおすすめです。

読んでみよう

求められることは大きい

オペレーター

コールセンターでシステムを導入するのは、オペレーターの負荷軽減のための支援と管理業務の適正化を図るためです。しかしコールセンターは人が行う業務です。そのため知識面やマインド面などの研修を怠ってはならないのです。

読んでみよう

名刺はソフトを使うといい

名刺

名刺管理をするときは法人用のものが用意されています。これは複数で利用することを想定した構成をしているのです。しかし選ぶときにはいくつかのポイントがあるので注意しておきましょう。料金や入力機能で使い勝手が違います。

読んでみよう

ネットショップの接客

オフィス

近年では、インターネット上でショッピングを行う人が多くなっており、その利用も急拡大している。これらのインターネットショッピングにおいて不足しているといわれるものが、接客である。インターネットでのショッピングでは、時間や場所に縛られることなく、いつでも購入できる。また、購入した商品は宅配で届けられるなど自宅にいながら購入できる手軽さが人気理由である。お店で商品を購入する場合には店員からの接客を受け、商品の説明などを聴くことができるが、インターネットショッピングではそれができないのが通常である。仕様などの情報は詳細に掲載されているが、質問などを行いたい場合に聴くことができない。これらを解決する手段が、ウェブ接客である。

ネットショッピングにおいて、業者によっては接客に力を入れたいという業者が増えてきている。また利用者においても、ネットショッピングでありながら接客サービスを受けたいというニーズも高まっている。これらを解消するために、ウェブ接客を導入することで対応可能である。ウェブ接客では、チャットを利用して利用者からの質問にリアルタイムで答えたり、TV電話などを活用しその場でウェブ接客できるものなど、導入するシステムにより内容がことなる。簡易的なものでは、利用者がページに来店した時点で特定の情報を表示するものなどがある。まだ取り入れていないのであれば、ネット社会の波を乗りこなす為に導入を検討すると良いだろう。